従業員用に追加カードを発行できるおすすめの法人カードとは?

追加カードを発行可能なおすすめ法人カード

法人カード
従業員用の法人カードを選ぶ上で考慮すべき点は2つあり、1つは追加カードの発行上限枚数、2つ目は追加カードの付帯サービスです。

追加カードの発行枚数には、上限が設けられている場合も多いので、法人カードを検討する際は、必要とする枚数を発行できるのか確認しておく必要があります。

加えて、従業員用の追加カードに付帯するサービスをうまく活用することで、様々なコストを削減できますので、法人カードを選ぶ上でこちらも外せないポイントと言えます。

しかし、法人カードの検討を始めたものの種類が多く、どの法人カードが自社に最適なのか頭を抱えている方もいらっしゃるかと思います。

そこでこのページでは、従業員用に追加カードを発行できる法人カードをお探しの、法人代表者の方や担当者の方に、法人カードを選ぶ際に押さえておくべき2つのポイントについてご説明し、最後に従業員用の法人カードとして必要な条件を満たすおすすめの1枚をご紹介します。

必要な発行枚数を確認しておく

従業員用の法人カードを検討する際は、追加カードの発行上限枚数と、年会費がいくらなのかという点を考慮する必要があります。

追加カードの発行枚数に、上限を設けている法人カードもありますので、想定している枚数を発行できるのか、確認しておくことをおすすめします。

追加カードの発行上限枚数以上の法人カードを、発行することはできないため、必要な従業員に法人カードが行き渡らなければ、そもそも何のために法人カードを契約したのか分かりません。

さらに、追加カードの発行枚数で法人カードを選ぶ場合は、現在の従業員数だけではなく、将来的に増員する可能性があるかどうかという点も、考慮しておく必要があります。

従業員を増員した際、追加カードの発行枚数の上限が少ない法人カードだった場合、必要な枚数を発行できなくなってしまい、法人カードの再検討が必要になります。

そのため、法人カードを選ぶ際は、追加カードの発行上限枚数が多いものを、選んでおくことおすすめします。

法人カードの中には、追加カードの発行数に上限を設けていないカードもありますので、従業員に法人カードを渡していたいと考えている方は、そういった法人カードを選んでおいた方が無難と言えます。

追加カードにも年会費がかかるため、発行する枚数が多ければ多いほど、ランニングコストも高くなってしまいますので、発行上限枚数だけではなく年会費も確認しておきましょう。

追加カードを持つ社員も付帯サービスを受けられる

追加カードを従業員に持たせると、従業員も法人カードに付帯するサービスの恩恵を受けられるようになり、出張先での怪我や病気などに適用される旅行傷病保険や、空港のラウンジの利用資格など、従業員の出張をサポートする付帯サービスを利用できます。

さらに、法人カードで精算を行うことでポイントが貯まっていき、このポイントを備品の購入や出張時の宿泊費などにあてることができ、ポイントサービスの加盟店で買い物すると、通常よりも多くのポイントが付与される場合もあり、ポイントサービスをうまく活用できれば、コスト削減にもつながります。

追加カードの発行枚数が多ければ多い程、その恩恵も大きくなりますので、現金で支払うよりも追加カードで支払った方がお得と言えます。

注意が必要なのは、追加カードには適用されない付帯サービスもあるということです。
なぜ従業員に法人カードを持たせたいのかという理由にもよりますが、付帯サービスを目的に法人カードを選ぶ場合は、追加カードでも必要な付帯サービスを受けられるのか、という点を確認しておくことをおすすめします。

導入するなら「JCB一般法人カード」がおすすめ!

追加カードを基準に法人カードを選ぶ際に、考慮すべき点をご説明しましたが、最後に追加カードを発行できるおすすめ1枚として「JCB一般法人カード」をご紹介します。

「JCB一般法人カード」には、追加カードの発行上限枚数が定められていないため、必要な追加カードの枚数が多い場合でも、発行上限枚数を気にする必要がありませんので、従業員を増員し、後から追加カードの枚数を増やしたくなった際にも対応できます。

ポイント還元率は最大で0.75%に設定されていますが、「OkiDokiランド」というJCBが運営しているサイト経由で買い物すると、2~20倍のポイントが還元されますので、貯まったポイントで備品などを購入すればコストの削減にも繋がります。

旅行傷病保険は、国内外を問わず最高3,000万円となっていますので、万が一、従業員が出張先で事故によるケガや病気などの、不運に見舞われた際の補償も安心です。

追加カード付帯の旅行傷病保険でカバーできる補償範囲については、同種の保険は不要になりますので、契約中の旅行傷病保険がある場合、補償内容を見直すことで保険料も削減できます。

年会費は税別1,250円と低価格なのも特徴で、追加カードの年会費も同様の金額に設定されています。
加えて、ネット経由で申し込むと入会後1年は親カード・追加カード共に年会費が無料ですので、ランニングコストを安く抑えられます。

追加カードの発行枚数に上限がないこと、追加カード1枚あたりの年会費が低価格なこと 、加えて付帯サービスも充実しているため、「JCB一般法人カード」は従業員用の法人カードとしておすすめの1枚と言えます。

タイトルとURLをコピーしました