利用限度額の高さで法人カードを選ぶなら?おすすめの1枚をご紹介

利用限度額が高いおすすめの法人カードとは?

利用限度額が高いおすすめ法人カード

ビジネスで利用する法人カードは、プライベートで使う個人カードよりも利用金額が大きくなるので、できる限り利用限度額が高いものを備えておきたいところです。

このメリットを最大限に受けるためには、積極的に法人カードを利用することです。
そのためには、法人カードの利用限度額を高く設定しておくことをおすすめします。

法人カードの利用限度額が低いと、肝心な場面で決済ができずにビジネスチャンスを逃したり、支払いが遅れて信用をなくしたりするおそれもあります。
利用限度額の高い法人カードを備えておくことで、このような事態も避けられるのでおすすめです。

ただ、法人カードの場合は、利用限度額の設定において個人カードの場合とは違う特徴があるので注意が必要です。
また、利用金額が大きいほどポイント還元によって経費の削減もできるので、法人カードのポイント還元率も気になるところです。

ここでは、法人カードにおける利用限度額の高さとポイント還元率に着目して、おすすめの1枚をご紹介します。

法人カードの利用限度額は審査次第

法人カードの公式サイトなどを見ると利用限度額が明記されているところが多くあります。
ただし、その金額はあくまでも最高額であって、必ずしもその金額が利用限度額になるわけではありません。
実際の利用限度額は審査によって決まります。

例えば、利用限度額が10~200万円と書いてあれば、その範囲内で審査によって決められるのです。
申込者の信用度に応じて、法人カードの利用限度額が10万円になることもあれば100万円になることもありますし、もちろん200万円になることもあります。

法人カードの審査ではどのようなことがチェックされるのかは公開されていませんが、一般的には収入・資産、他社の借入状況、カードの利用状況、支払い実績、法人の運営年数などが重要とされています。
法人カードの場合は代表者の信用と法人の信用の両方がチェックされます。

入会時に希望通りの利用限度額が設定されなくても、カードを適切に利用して信用を積み重ねていけば増額していくことも可能です。
そのためにも、利用しやすい法人カードを選ぶことをおすすめします。

ポイント還元も見逃せない

法人カードは一般的に個人カードよりもポイント還元率が低いのですが、カードの利用額が大きいため、結果的に高額のポイント還元を受けるケースが多くなっています。
法人カードによっては、毎年10万円以上のポイントを獲得することも珍しくありません。

貯まったポイントはギフト券や各種商品の他、マイルやTポイントなどいろいろなものに交換可能。
おすすめの交換先は、還元率の高いギフト券です。

ただ、法人カードを選ぶ際にポイント還元率のみに注目するのはおすすめできません。
どうせ法人カードにポイント還元率が高いものはないというのもありますが、法人カードは利用額が高いからこそ結果として高額のポイント還元が受けられるという因果関係にあります。

ということは、利用限度額が高い法人カードでなければポイント還元もあまり期待できないということになります。
メインの法人カードには利用限度額が高いものを選び、集中的にその法人カードを活用することでポイント還元も高くなってくるのです。

したがって、メインの法人カードを選ぶ際には、まず利用限度額をできるだけ高く設定できるものを選び、その中でポイント還元率もできるだけ高いものを選ぶということをおすすめします。

上限が高く、かつポイント還元率も高いおすすめの1枚

そういった観点から利用限度額の高いおすすめの1枚を挙げるとするなら「アメックス・ビジネスゴールド」が挙げられます。

この法人カードは、利用限度額が「一律の制限なし」です。
1,000万円を超える利用限度額を設定されている企業もあります。
小規模な法人や個人事業主だと最初はあまり高額な利用限度額は期待できないかもしれませんが、活用するにつれて増額していくことも可能なので、事業の規模にかかわらずおすすめの法人カードとなっています。

アメックス・ビジネスゴールドはポイントが貯まりやすい法人カードとしても定評があっておすすめ。
メンバーシップ・リワード・プラスというサービスに加入すれば、利用額100円につき1ポイント(1%)貯まります。

貯まったポイントは商品やTポイント、楽天ポイントなどに交換すると交換レートが50%等になってしまいますが、ANAマイルなら100%のレートで移行できます。

還元率1%でANAマイルを獲得して、出張などの際には旅割などで格安チケットを購入すれば、出張費削減に大きく役立ちます。
ANAの他にも14社の航空会社のマイルに移行できるので、海外や遠方への出張が多い方には特におすすめの法人カードです。

さらに、アメックス・ビジネスゴールドは審査が通りやすいとも言われているのもおすすめポイント。
法人カードの審査は一般的に個人カードよりも厳しく「法人設立後3年以上」「三期連続で黒字決算」などが審査通貨の目安と言われています。

そんななかで、アメックス・ビジネスゴールドは設立1年目で審査に通る例も多く、さらには赤字決算でも審査を通過するケースも珍しくありません。
そのため、法人カードの審査に不安を抱える方にもおすすめの一枚となっています。

高額の利用限度額を希望すれば審査が厳しいのは当然ですが、最初は利用限度額が低くても、ステータスの高いアメックス・ビジネスゴールドを所持できるのは魅力的ですね。
まずは小さく始めて、法人カードの利用に合わせてビジネスも成長させていければ夢もあります。

還元や優待などのサービスにも注目!

利用限度額が高ければ、法人カードで支払える金額に余裕が持てることがわかりました。
特に、広告の出稿などで支払う額が多い方は参考になったのではないでしょうか。

ただし、利用限度額だけで法人カードを決めるのは、そこまでおすすめできません。
利用限度額だけでなく、各法人カードの性能を見比べてみてからでも遅くはないと思います。

一律制限なしとは言わないものも、最高1,000万円の利用限度額を設定できる法人カードもあるので、そちらでも十分に余裕を持った枠は確保できるのではないでしょうか。

TOPページから探す

タイトルとURLをコピーしました