プラチナ法人カードの特徴とおすすめカードを紹介

おすすめのプラチナ法人カードとは?おすすめの一枚を紹介

おすすめのプラチナ法人カード

クレジットカード保有者なら誰もが憧れる最高ランクのカード。
法人カードでは、プラチナカードが最高ランク。
そのため、その法人カードを所持すれば、高いステータス性を証明することが可能です。

ゴールド法人カードを持っている方は多いですが、プラチナ法人カードはみかけることも少ないでしょう。
どんな特徴があるのか、審査はどうなのかと疑問が多くあると思います、

今回は、そんなプラチナ法人カードを紹介。
特徴や選び方について解説した後に、おすすめの1枚を紹介します。

プラチナ法人カードの特徴とは

プラチナ法人カードの特徴は、法人カードの中で最も高いステータスを誇るところです。
ステータスを大切にしたい場合にはおすすめできる法人カードとなります。

限度額も一般やゴールド法人カードよりも高額。
事業用として頼もしい1枚となります。

審査は他のランクの法人カードよりも厳しい傾向となるでしょう。

また、年会費も少々高額となります。
プラチナ法人カードの相場は30,000円前後であり、ゴールド法人カードの相場の約3倍。
費用面では負担が大きくなります。

しかし、プラチナ法人カードになると付帯特典や保険も充実することが多いです。
コンシェルジュを24時間使えるサービスが付帯していることが多いため、様々な場面で役に立つでしょう。

ゴールドカードを利用していたが更にステータスの高いものを利用したいという場合。
また、業務を更に効率的に進めたいという方にも、プラチナ法人カードがおすすめです。

ゴールド法人カードを持っている方は多くいますが、プラチナ法人カードを持っている人は比較的少数。
そのため所持しているだけで周囲からの評価が変わる可能性もあります。

高いステータス性と充実の付帯特典がプラチナ法人カードの大きな特徴といえるでしょう。

どんなサービスが受けられるの?

まずは、自身が利用するプラチナ法人カードのサービスについて整理してみるとよいでしょう。
サービスの利用頻度と年会費を天秤にかけて、プラチナ法人カードの価値を判断。
すると、最良のプラチナ法人カードが見つかります。

例えば、ゴールド法人カードにコンシェルジュサービスがなく、プラチナ法人カードに乗り換えたいという場合。
その場合には年会費が多少高くても変える価値はあるでしょう。

プラチナ法人カードのコンシェルジュはプロフェッショナルです。
接待で利用するレストランなど要望に合わせて最適な提案をしてもらえます。
接待が多い場合には、自分で探すと膨大な時間がかかります。

また、部下がいる場合でも必ず良いお店を知っているとも限らないため、業務時間を多く消費してしまうでしょう。
その作業をコンシェルジュにお願いできるとしたら、大幅な効率化と経費の削減につながります。

そして、レストランを特別料金で利用できるサービスが付帯している可能性もあります。
すると、良いレストランを利用しながら経費削減ができます。
その削減額は年会費よりも高額になることもあるでしょう。

また、ポイント還元があるサービスもあります。
その場合には、ポイント還元によって年会費を帳消しにできる可能性もあります。

このように、自分の利用するサービスと年会費を天秤にかけると良いプラチナ法人カードを見つけることができます。

おすすめはセゾンプラチナ・ビジネスアメックス

本記事では、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスをおすすめします。
その理由はいくつかあります。

まず、最大マイル還元率が1.125%と高いことです。
利用額が高額となることも多い法人カード。
ポイント還元率が高ければ年会費分のポイントがもらえる可能性もありますね。
また、法人カードを利用することで経費のおさえることにもつながり効果的です。

そして、審査にも通りやすいといわれているプラチナ法人カードなので、審査が心配という方にもおすすめできます。
もちろん審査に通りやすい傾向があるからといって、必ず審査に通るとは限りません。
しかし、審査が難しいとされるプラチナ法人カードに初めて挑戦する方にはおすすめできます。

そのほか、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは年会費もリーズナブル。
プラチナランク最安値の年会費20,000円です。
最高ランクの特典付帯があるにもかかわらず年会費が安いのは、大きなメリットでしょう。

また、年間200万円を利用する場合には、次年度の年会費が半額に。
法人カードを多く利用する方には非常におすすめできるプラチナ法人カードとなっています。

もちろん年会費が最安値でも付帯サービスは充実。
海外空港のプライオリティパスが無料であったり、海外旅行傷害保険は最高1億円の保証付き。
グローバルな活躍をしている企業にもぴったりです。

もちろん国内旅行も最高5,000万円まで保証。
その他にも様々な特典が利用できるため、付帯サービスを良く活用する方は年会費以上の価値を見出すことができるでしょう。

他のランクから意外にも最適な一枚が見つかる可能性も?

今回は、プラチナ法人カードについて、解説共におすすめの一枚を紹介しました。
年会費は少々高額ですが、ステータス性もサービス性も非常に高い1枚かと思います。

ただ、プラチナ法人カードを求めてはいたものの、思っていたよりも高額だったと感じるかもいるのではないでしょうか?
そういった方は、プラチナランク以外の法人カードも見てみることをおすすめします。

プラチナからワンランク下げることで、年会費は大幅に安くなります。
しかも、高いサービス性やステータス性を持つ法人カードも存在するので、探し求めていた一枚が見つかるかもしれませんよ。

TOPページから探す

タイトルとURLをコピーしました