オリコカードのおすすめ法人カードはオリコEXGoldforBiz

おすすめのオリコの法人カードは一体どれなの?

おすすめのオリコ法人カード

日本の信販会社の中でも大手に分類されるオリエントコーポレーションからは様々なクレジットカードが発行されていますが、法人カードも発行されています。
一般的なクレジットカードは年会費無料のものもあるので、身近な存在でもあるオリコカードですが、法人カードはどのような特徴があるのかについてチェックしてみると、オリコカードは魅力的な特徴を備えた、おすすめの法人カードだと分かります。

オリコカードの法人カードの種類について

オリコの法人カードはいくつか用意されていますが、ここではオリコビジネスカードとオリコEXGoldforBizについてご紹介します。

・オリコビジネスカードの特徴

こちらは大企業向けにおすすめの法人カードとなっていて、最高1,000万円の利用限度額や利用者ごとに利用枠を設定できる点が魅力。
ただし、この法人カードにポイントサービスは付帯されていません。
一般ランクは1,250円(税抜)、ゴールドランクは2,000円(税抜)の年会費となっています。

・オリコEXGold forBizの特徴

オリコEXGold forBizは初年度無料、2年目以降は年会費2,000円(税抜)。
法人カード業界全体でみると高いコストパフォーマンスを誇る1枚となっています。

例えば最大で1.1%のポイント還元率は、他の法人カードと比べても高めです。
オリコEXGold forBizのポイントプログラム、「暮らスマイル」では1,000円につき1スマイルポイントを獲得できます。
ちなみに1スマイルポイントは5円になります。

また、年間利用額によって翌年の加算倍率やポイント還元率が変わる点やオリコモールを通して国内の様々なネット通販サイトでショッピングをすると、最大15%ポイントアップとなる点も特徴。
マイル還元率は最大で0.66%、他にも旅行傷害保険が国内では最高1,000万円、海外では最高2,000万円までに設定されており、ショッピング保険も年間最高で100万円までと、必要な機能が多々用意されています。

国際ブランドにはMastercardの選択を!

オリコの法人カードの国際ブランドのおすすめはMastercardです。
Mastercardの場合、いくつかの特典が用意されていますが、それらが実用的でコストパフォーマンスも高いです。

・Mastercardビジネスアシストが利用できる
Mastercardにした場合、「Mastercardビジネスアシスト」が利用できます。

まずは経費バンク。経費業務のサポートサービスで、初期導入費用18万円が無料になります。
さらに、MastercardコンタクトレスであればApplePayの登録によるQUICPayの利用が可能になるなど、業務を支えてくれるサポートや、支払いを円滑にしてくれるサポートが用意されています。

・招待日和とは?
Mastercardで、且つゴールドランクの場合、「招待日和」も利用できます。
こちらは対象のレストランにて、2人以上の予約でコース料理1人分が無料になります。
招待日和は本来であれば38,800円の年会費がかかるのですが、Mastercardであれば年会費を支払う必要なく、利用できます。

高性能なオリコEXGold forBizがおすすめ

オリコカードの法人カードでおすすめはオリコEXGold forBizです。
先の特徴でもお伝えした様々な特典が年会費2,000円とリーズナブルに利用できる点も挙げられますが、もう1点、大きな魅力があります。
それは、この法人カードの審査の通りやすさです。

法人カードも基本的にはクレジットカードです。
そのため、どれだけスペックの高い魅力的な法人カードではあっても、審査に通らなければ保持できません。

一方で、法人カードの場合、個人の信用ではなく、会社としての信用が問われるので、法人化間もない場合、信用がないので審査に通りにくいです。
そのため、「魅力的だと思う法人カード」ではなく、「審査に通りやすい法人カード」を選ぶビジネスマンは珍しくありませんが、オリコEXGold forBizは比較的審査が通りやすいとされています。

また、オリコEXGold forBizには全国140万件のサービスや施設を格安で利用できる福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」が用意されています。
ビジネス面のみならず、プライベートシーンも支えてくれる点や、個人事業主の場合、会社員と比べて福利厚生が弱い傾向にありますが、オリコEXGold forBizであれば福利厚生面の不安を軽減できます。

タイトルとURLをコピーしました