年会費無料でお得に利用できる法人カードとしておすすめの1枚とは

年会費が掛からない無料のおすすめ法人カードをご紹介!

年会費無料のおすすめ法人カード

事業を営んでいる人であれば、法人カードを利用することでビジネスを有利に展開することができます。
ビジネス専用の法人カードを利用することで経理事務を簡略化できますし、いろいろな支払いを後払いにしたり分割払いにしたりすることでキャッシュフローも良くなるのでおすすめです。

ただ、法人カードには年会費が付きものです。
個人カードなら無料のものもたくさんありますが、法人カードのほとんどは年会費がかかります。
できるだけ出費を抑えたいという理由で、年会費がかかる法人カードの取得を躊躇している方も多いのではないでしょうか。

しかし、法人カードでも年会費無料でお得に利用できるものは探せばあります。
この記事では、年会費無料のおすすめ法人カードをご紹介します。

年会費永年無料の法人カードもあるがサービスは期待できない

法人カードは年会費が有料のものがほとんどですが、年会費永年無料の法人カードも探せばあります。
そのなかで最も有名なのは「ライフカードビジネスライトスタンダード」でしょう。

この法人カードは審査に決算書や確定申告書は不要で、本人確認書類のみで申し込むことができます。しかも、審査が厳しいと言われる法人カードの中で、審査が通りやすいと評判です。

だから小規模な中小企業や零細企業の経営者の他、設立直後の法人や起業して間もない個人事業主、さらにはフリーランスや副業の方でも作りやすい法人カードです。
最初の1枚としておすすめの法人カードと言えます。

一切の年会費がかからないので、2枚目の法人カードとして所持しておくのもおすすめです。
予定外の支払いが発生して1枚目の法人カードでは対応しきれないときにも安心です。

ただ、そんな年会費永年無料のライフカードビジネスライトスタンダードにもデメリットはあります。
年会費永久無料の代わりにサービスは徹底的にそぎ落とされているのです。

ほとんどの法人カードにあるポイント還元システムがこの法人カードには全くなく、いくら利用してもお得になることはありません。
また、普通の法人カードには自動的に付帯されている旅行傷害保険やショッピング保険も付いていません。

また、ビジネスのシーンで年会費無料の法人カードを使っていると信用が得られにくいという心配もあります。
業種によっては、年会費無料ということで取引先に足元を見られることにもなりかねません。

手軽に手に入れやすい年会費永年無料の法人カードですが、デメリットも頭に置いておく必要があるでしょう。

有料であっても実質的にコストがかからない?

年会費永年無料の法人カードはごくわずかしかありませんが、実質無料の法人カードならたくさんあります。
実質無料の法人カードとは、年会費はかかるものの、一定の条件を満たすことで無料になるという法人カードのことです。

無料になる一定の条件というのはカード会社ごとにさまざまですが、年に最低1回の利用やサービス加入など、ハードルは低いものがほとんどです。
普通に法人カードを使っていれば、ほとんどの場合は条件を満たして年会費無料になるでしょう。

年会費永久無料の法人カードと違う点は、いろいろなサービスが付帯されていることです。
サービスの内容はカード会社によってさまざまですが、一般的な年会費有料の法人カードとそう変わらないサービスを備えた法人カードが多くあります。

ポイント還元システムが付いているのはもちろん、還元率が法人カードの相場より高いものもあります。
旅行傷害保険やショッピング保険も備わっているものが多いのでおすすめです。

他にも、法人カードによってはキャッシング枠が付いていたり、限度額が大きかったり、支払い方法のバリエーションが豊富だったり、追加カードの発行可能枚数が多かったり、いろいろな店舗や施設を優待価格で利用できたりなど、年会費永久無料の法人カードでは期待できないサービスを備えた実質無料のものが多数あります。

年会費が実質無料になる条件は簡単に満たせる場合がほとんどなので、お得に法人カードを利用したい方にはこちらがおすすめです。

実質無料の法人カードをメインとして利用し、年会費永年無料の法人カードは2枚目や予備として備えておくのもおすすめです。

実質0円の法人カードでおすすめのものを1つ選ぶなら

実質無料の法人カードの中で、条件やサービスなど総合的にみておすすめできる1枚としては「三井住友forOwnersクラシック」があげられます。

この法人カードは初年度の年会費が無料で、2年目以降は1,250円(+税)の年会費がかかりますが、「マイ・ペイすリボ」というサービスに登録することで2年目以降の年会費も無料になります。

マイ・ペイすリボとは、毎月の最低支払額を超える利用分が自動的にリボ払いになるサービスです。

一般的なリボ払いは手数料がかかるため負担が大きいのですが、マイ・ペイすリボの場合は毎月の最低支払額を自分で設定することができます。
これを利用限度額と同じ金額に設定しておくことで結果的にリボ払いが発生せず、手数料が発生する心配もありません。

利用限度額は最高150万円で、これは一般ランクの法人カードの中ではかなり高いほうです。
また、法人カードには珍しく、最高50万円のキャッシング機能も付いています。

このように、年会費実質無料の三井住友forOwnersクラシックはサービスが優れているのに、審査が通りやすいことでも評判になっています。

決算書や確定申告書は不要で、本人確認書類のみで申し込むことができるので、ライフカードビジネスライトスタンダードと同じように設立したばかりの法人の代表者や起業したばかりの個人事業主でも作りやすいおすすめの法人カードになっています。

年会費を抑えつつ、サービスも活用したいという人には三井住友forOwnersクラシックがおすすめです。

有料の方が実は得をしているということも?

以上、年会費無料のおすすめ法人カードの紹介でした。
おすすめの1枚を知れたことで、申し込む法人カードは決まりましたか?

もし、申し込む法人カードが決まっていたとしても、無料と有料の法人カードとの比較は行ってみてほしいものです。
還元率が高い法人カードであれば年会費分の還元が受けられることもありますし、サービスが利用できることもあります。

したがって、本当に年会費無料の法人カードで良いのかというところは、今一度考えてみても良いかもしれません。

TOPページから探す

タイトルとURLをコピーしました