年会費永久無料の法人カードでおすすめはどれ?コスト削減に最適!

おすすめな年会費永久無料の法人カードを紹介します!

年会費永久無料のおすすめ法人カード

個人カードには年会費無料のものが数多くありますが、法人カードはほとんどのものが年会費有料となっています。
法人カードの年会費は経費に計上できるため、高くても気にしない経営者もいます。

しかし、コスト削減のためには、できれば法人カードによって出ていくお金を抑えたいところです。
特に、小規模な法人の代表者や個人事業主の方、事業の運営年数が浅い方などにとっては、法人カードの年会費も有料よりは無料のほうがありがたいところでしょう。

年会費無料の法人カードも探せばいくつかあります。
その中にも大きく分けて、実質無料の法人カードと、永久無料の法人カードがあります。

これらの法人カードはどう違うのでしょうか?
コストを抑えるには、年会費が実質無料と永久無料どちらの法人カードがおすすめなのでしょうか?

この記事では、年会費の実質無料と永久無料の違いを解説した上で「おすすめの1枚」をご紹介します。

年会費実質無料の法人カードなら特典も豊富

年会費実質無料の法人カードとは、基本的には年会費有料ですが、一定の条件をクリアすることで年会費が無料になるという法人カードです。
永久無料というわけではなく、初年度は無条件に年会費無料で、2年目から条件付きで無料になるものがほとんどです。

年会費永久無料の法人カードはずっと無条件で無料なのに対して、実質無料の法人カードは2年目からは条件を満たさないと有料になるという点に違いがあります。

条件はカード会社によって異なりますが、年に1回でも利用すれば年会費が無料になる法人カードが主流です。
他には、そのカード会社が指定するサービスに加入することによって年会費が無料になるものもあります。

年会費実質無料の法人カードは他にもメリットがあります。
それは、一般的な有料法人カードとそう変わらない水準で特典が受けられるということです。
後で述べますが、年会費永久無料の法人カードは特典がほとんどないか、あっても低水準なのと比べれば、これは大きなメリットと言えます。

また、年会費無料にはなりませんが、ポイント還元率が高いため年会費の額を超える還元を受けることができて、結果的に年会費の負担がなくなるという法人カードもあります。

例えば、年会費が1万円だったとしても、ポイント還元率が1%で毎月10万円を法人カードで決済すれば、1年間で1万2,000円分の還元を受けることができます。
年会費の1万円を差し引いても2,000円のプラスという結果になります。

年会費実質無料の法人カードは、法人カードを使い慣れている人にとっては便利でお得なものです。
しかし、使い慣れていない人であれば、財布に法人カードを入れていても1回も使わないまま1年が過ぎるということもあるでしょう。
その場合は年会費がかかってしまうのでおすすめできません。

また、ポイント還元につられて、つい使いすぎてしまうというリスクもあります。
そういった不安がある人は、年会費永久無料の法人カードを検討してみるのがおすすめです。

永久無料であるメリットとは

年会費永久無料の法人カードは、条件付きの年会費実質無料の法人カードとは異なり、無条件で初年度も2年目以降もずっと年会費が無料になります。

年会費が完全永久無料の代わりに、少々特典が乏しいのが年会費永久無料法人カードの特徴です。
例えば、ポイント還元システムがないか、あっても還元率が低く、旅行傷害保険やショッピング保険が付いていないなど、普通の法人カードには付いている特典がないか乏しいのが年会費永久無料の法人カードです。

特典はいらないから、とにかくコストを抑えたいという人には年会費永久無料の法人カードがおすすめです。
また、2枚目や予備の法人カードとして、永久無料のものを保有しておくのもおすすめです。

ビジネスでは、予定外の大きな出費が発生することも珍しくありません。
そんなときに1枚の法人カードでは対応しきれない場合もあるので、念のために2枚目に年会費永久無料の法人カードも持っておきたいところです。

しかし、使うかどうかわからない2枚目の法人カードにまで年会費がかかったのではコストが無駄になります。
コストが一切掛からない年会費永久無料の法人カードなら、2枚目として安心して保有しておくことができるのでおすすめです。

おすすめするのは「ライフカードビジネスライトスタンダード」

年会費永久無料の法人カードは数えるほどしか存在しませんが、そのなかでおすすめの1枚として「ライフカードビジネスライトスタンダード」が挙げられます。

年会費は無条件で初年度も2年目以降も永久無料です。
発行手数料や事務手数料が発生することもなく、完全永久無料で保有することができます。

ただし、永久無料である代わりに、ポイント還元システムがなく、いくら利用しても1円も還元されることはありません。
また、普通の法人カードには自動付帯されている旅行傷害保険やショッピング保険も付いていません。

良く言えば、年会費永久無料で無駄なサービスをそぎ落としてビジネス決済に特化した法人カードと言うことができます。

そんなライフカードビジネスライトスタンダードですが、年会費永久無料であること以外にも実はメリットがあります。

利用限度額は最大200万円で、これは年会費実質無料の法人カードでもなかなかない高水準です。

審査はありますが決算書や確定申告書は不要で、本人確認書類のみで申し込むことができます。
審査も通りやすいと言われており、小規模な法人の代表者や個人事業主はもちろん、フリーランスや副業の方でも手に入れやすい法人カードと言えます。

また、年会費永久無料にも関わらず、国際ブランド「VISA」を選択すれば「VISAビジネスオファー」により国内や海外のいろいろなお店や施設を優待価格で利用することができます。
他にもさまざまな優待や、弁護士による法律相談が1時間無料で受けられる特典なども付いています。

完全永久無料でこれだけのメリットがあれば、持っておいて損はない法人カードと言えるでしょう。

有料だとどれほどの性能なのか比較してみては?

当記事では、年会費が永久無料のおすすめ法人カードについて紹介しました。
コスト面でのリスクが伴わないという点については、どの法人カードよりも非常に嬉しいメリットかと思います!

とはいえ、おすすめした永久無料の法人カードが、性能面では他の法人カードより劣ることをデメリットだと思う方もいるのではないでしょうか。
そんな方は、永久無料の法人カードと有料の法人カードの性能を比較してみると良いと思います。

そして比較した結果、永久無料の法人カードを選ぶのか、有料の法人カードを選ぶのか決断することをおすすめします。

TOPページから探す

タイトルとURLをコピーしました