三井住友のおすすめ法人カードを徹底調査

三井住友のおすすめ法人カードと特徴の紹介

おすすめの三井住友法人カード

三井住友の法人カードは2種類があります。
当ページでは、それぞれの法人カードにどのような特徴があるのかチェックしてみました。

各法人カードの特徴を見ると、なぜ多くの人から親しまれているのかやビジネスマンにとってありがたい機能が多々あることが分かります。

最後にはおすすめの1枚を紹介するので、ぜひそちらもご覧ください!

三井住友ビジネスカードとforOwnersについて

三井住友が発行する法人カードには、「三井住友ビジネスカード」と「三井住友forOwners」の2種類が存在します。

三井住友ビジネスカードの一般ランクは年会費1,250円(税抜)。
ETC発行枚数制限もなければ、ETC年会費は1年に1度の利用で翌年無料になるので実質無料と考えて良いでしょう。
上位カードのゴールドランクの場合は年会費が10,000円(税抜)となります。

三井住友カードが提供する「ワールドプレゼント」のポイントプログラムが利用可能。
ポイントUPモール軽油での買い物は提携先ショップに応じて獲得ポイントが倍増。
中には20倍と、高倍率に設定されているショップもあります。

三井住友forOwnersに一般ランクも年会費1,250円(税抜)、ETCカードは1枚のみ発行可能で年会費は完全に無料。
ワールドプレゼントにも対応しているなど、三井住友ビジネスカードと似ている特徴がありますが、ポイントの貯めやすさという点では三井住友forOwnersに軍配が上がります。

三井住友forOwnersの場合、全国のセブンイレブン、マクドナルド、ローソン、ファミリーマートでの店頭利用時、ポイントが通常の5倍になります。
駅ビルや商業施設の中にある店舗の場合、ポイント加算の対象にならないケースもありますが、コンビニでのポイント付与は魅力的なのではないでしょうか。

また、法人代表者だけでなく個人事業主も申し込めるのは、三井住友forOwnersの特徴の1つです。

三井住友法人カードの特徴について

三井住友法人カードはゴールドカードも用意されています。
ゴールドカードの場合、年会費は10,000円となります。

一般カードとの違いとしては、旅行傷害保険の付帯と空港ラウンジの利用です。

ゴールドカードの場合、海外・国内共に旅行保険が最高で5,000万円まで用意されています。
一般カードの場合は海外のみ最高で2,000万円なので、手厚い保証となっていることが分かるのではないでしょうか。

ショッピング保険に関しては一般ランクが海外のみで最高100万円であるのに対し、ゴールドカードは国内外を問わずに最高300万円まで。
さらには空港ラウンジを無料で利用できるなど手厚いサービスが吹かれていますが、一般ランクでも、アスクルサポートサービス等のビジネスサポートサービスを利用できます。

特にゴールドカードの場合、審査の厳しさに定評がありますので、まずは一般ランクの三井住友法人カードに入会し、法人としての信用を貯めるか、あるいはとりあえず法人カードがあれば良いのであれば、一般ランクの三井住友法人カードでも十分なポテンシャルとなっています。

また、「三井住友」といえばVISAのイメージが強いのですが、Mastercardも選べます。
VISAも利便性の高いブランドですが、Mastercardを選びたい人も、三井住友法人カードで問題なく運用が可能です。

おすすめは三井住友forOwnersクラシック

三井住友forOwnersにはゴールド、プラチナとありますが、おすすめは三井住友forOwnersクラシックです。

この法人カードは、「マイ・ペイすリボ」に登録し、利用限度額と同じ金額設定にすることで実質無料での利用が可能になるだけではなく、最高150万円の限度額。
そして、この法人カードに備わっている最高50万円のキャッシング枠は、いざという時に役立つのではないでしょうか。

支払い方法も1回からリボ、2回、分割やボーナス払いなど多種多様な法人カードなのでいざという時にも安心です。

・デュアル発行も魅力
三井住友forOwnersクラシックはVISAとMastercardの双方から選べますが、双方共に持っておきたい人は、VISA、Mastercardを1枚ずつ発行することが可能です。
どちらか一方だけではなく、両ブランドの法人カードが必要な方にとって魅力的なサービスであることが分かります。

また、この法人カードをデュアル発行した場合、年会費は2枚合計で1,500円(税抜)となるのでリーズナブルです。

貯めたポイントは様々なサービスへの移行が可能。
楽天スーパーポイントからWAONや、ビッグポイント、ヨドバシカメラ、Tポイント、さらにはマイルへの移行が可能なので、この法人カードのポイントの使い道は豊富です。

・マイルのレート
この法人カードのポイントをマイルへ移行する場合、1ポイント5マイルコースであれば手数料無料ですが、10マイルコースの場合は手数料が6,000円になります。
なので、交換するポイントと手数料を計算し、得になる方を選ぶと良いでしょう。

他の発行会社であなたに最適な一枚が見つかるかも…?

以上、おすすめの三井住友法人カードの紹介でした。
審査に通らなくては法人カードを発行できないですし、低コストで様々なサービスを利用できる三井住友forOwnersクラシックは、やはり非常におすすめです!

とはいえ、1度他の法人カードと比較してみるというのも良いと思います。
そうすることで、三井住友forOwnersクラシックがどれほど良い法人カードなのかわかりますし、なによりあなたに合った法人カードが見つかるかもしれません。

どんな法人カードがあるのか知っておいて損はないですし、ぜひ1度他の発行会社の法人カードも見てみてくださいね!

TOPページから探す

タイトルとURLをコピーしました