法人カードの付帯サービスとしては海外旅行保険がおすすめ!

法人カードの海外旅行保険を検討するのがおすすめ

海外旅行保険で選ぶおすすめ法人カード

海外に出張や旅行に行くときは、ほとんどの人が保険に入るでしょう。
しかし、海外旅行保険が付帯した法人カードを導入することで、その手間を省くことができておすすめです。

法人カードがあると、余分な出費や面倒な手続きなしで海外旅行保険に入れたり、家族も保険が適用されたりするものもあります。
また、法人カードは、保険だけでなく海外旅行についての付帯サービスもあるなど、メリットが多くあります。

海外に行くことが多い人は、法人カードを所持しておくことをおすすめします。

法人カードの海外旅行保険の種類とは?

法人カードには、付帯サービスとして海外旅行保険があります。
海外旅行保険は、重大な後遺障害や不慮の事故などでの死亡に対して保険金が支払われるものです。

法人カードの中には、1億円まで最高で補償されるものもあります。
なお、法人カードの海外旅行保険では、後遺障害や死亡が補償されるのみではありません。

法人カードの海外旅行保険は次のような種類があります。

・疾病治療保険、傷害治療保険
海外の医療機関を怪我や病気で利用したときは、治療費が補償されます。

・携行品損害保険
旅行のときに持っていた物品が、盗難などのトラブルによって損害を受けたときに補償されます。

・賠償責任保険
他の人に損害を何らか与えて、賠償責任が法的に発生したときに適用されます。
法人カードの付帯サービスの海外旅行保険を比べるときは、補償される内容をトータル的に見極める必要があります。

法人カードの海外旅行保険の家族特約とは?

個人事業主や法人経営者が海外旅行に行くケースは、さらにメリットがあります。
自動的に法人カードの海外旅行保険が付帯されるときは、家族旅行のときでも保険が適用になります。

「家族特約」が付帯されていると、その法人カードを所持している人の家族も海外旅行保険の対象になるのでおすすめです。
法人カードを発行している会社によって、家族の定義は違っていますが、会員の配偶者、生計を会員と一緒にしている子供・両親などが家族になります。

法人カードに「家族特約」があると、旅行保険に家族が入らなくても、海外旅行に行くときに家族が病気になったり、怪我をしたりしたときも海外旅行保険が適用になるのでおすすめします。

「JCBプラチナ法人カード」がおすすめ

海外旅行保険で法人カードを選ぶのであれば、「JCBプラチナ法人カード」がおすすめです。
「JCBプラチナ法人カード」は、特別なプラチナのみのサービスが受けられます。

「JCBプラチナ法人カード」の付帯サービスとしては、
・旅行についてのいろいろなサポートとして国内外のホテルや列車・飛行機・レンタカーの手配などの相談などに対応する「プラチナ・コンシェルジュデスク」
・年会費無料で約1,200ヶ所以上の世界中の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」
があります。

当然ですが、基本的なJCB ORIGINAL SERIESの機能も利用することができます。
「JCBプラチナ法人カード」には、最高1億円が国内・海外旅行保険に自動的に付帯されます。
「JCBプラチナ法人カード」の海外旅行保険は、配偶者、一緒に生計している家族も対象になります。

これ以外にも、国内・海外航空機遅延保険、車を運転しているとき事故に補償が5万円されるカーアクシデント制度、ショッピングガード保険など、いろいろな補償サービスがあります。
「プラチナ・コンシェルジュデスク」は、海外・国内のゴルフ場の予約やホテルの予約など、いろいろなサービス案内がいつでも24時間利用できます。

また、「プライオリティ・パス」は、年会費無料で約1,200ヶ所の世界中の空港ラウンジが利用できるため、出発する前にゆったりと過ごすことができます。
したがって、法人カードとしては「JCBプラチナ法人カード」がおすすめです。

基本的にはどのカード会社も設けている

今回、海外旅行保険で法人カードを選ぶ際のおすすめの1枚を紹介しました。
国内外1億円の海外旅行保険というのは、並みの法人カードには備わっていない補償額です。

しかし、JCBプラチナ法人カードは年会費が30,000円と少々高額。
そのため、おすすめされたは良いけど、思っていたよりも高いと感じる方もいると思います。

そんな方でも安心してください。
実は、ほとんどの法人カードに海外旅行保険が備わっています。

ただし、年会費により海外旅行保険の補償額が異なりますが、それによって想定しているコストと補償額のバランスが取れるようになります。
当サイトでは多くの法人カード情報を掲載しているので、そちらから探してみてはいかがでしょうか。

TOPページから探す

タイトルとURLをコピーしました