保険が備わったおすすめ法人カードをご紹介!最適な一枚とは

保険の充実度で選ぶおすすめ法人カードとは

保険で選ぶおすすめ法人カード

法人カードには、保険が多く付帯されています。
このような法人カードの保険は、仕事で出張したり移動したりするときに怪我をしたケースなどに便利なのでおすすめです。

特に、海外においては日本と比較して医療費が高くなり、盗難も多くあります。
そのため、旅行中の病気・事故・怪我・持っているものの盗難などのときに非常に法人カードの保険は大切です。

また、法人カードをECサイトで利用するときは、商品の欠品などに補償されたりするため安心でしょう。
このように、法人カードの保険は不測なトラブルを補ったり、外部要因による被害を少なくしたりすることができるのでおすすめします。

どんな種類があるの?

法人カードに付帯されている保険は、次のようにいろいろな種類があります。

●旅行傷害保険
重大な後遺障害や不慮の事故などに対して補償されます。
なお、旅行傷害保険の種類としては、
・疾病治療、傷害治療
・携行品損害
・賠償責任
があります。

●ショッピング保険
法人カードを利用して買った商品が壊れたり、盗難に遭ったりしたときに、商品を買った代金が補償されます。
法人カードを発行している会社によって保険で補償される上限額は違いますが、最高500万円まで年間に補償してくれるものも中にはあります。
なお、保険金が請求できる期間は、一般的に商品を買ってから90日間~120日間です。

●海外航空遅延保険
飛行機の運休や欠航などで費用が発生したときに補償してくれます。
飛行機の遅延が1時間くらいでは補償されないときもありますが、遅延が5時間以上になったときは、ほとんど補償されます。
飛行機の遅延や欠航によって宿泊するときの食事代や宿泊費などの実費が補償されます。

●法人カードの不正利用の保険
法人カードが盗難に遭って悪用されたり、勝手に知らないところでカード決済されたりしたときなどの損害が補償されます。
なお、一般的に、法人カードを発行している会社が全ての被害額を補償してくれます。
全く被害に気がつかないケースでも、ほとんど補償を60日~90日前まで遡って行ってくれます。

従業員にも補償内容を適用させたい場合

法人カードは、基本的に個人事業主あるいは法人代表者しか申し込みができません。
しかし、追加カードを従業員に発行すると、一部を除いて保険の適用対象になります。

追加カードというのは、個人事業主や法人代表者が持っている法人カードの分身のようなものです。
名義人は従業員になり、新しい法人カードのカード番号になります。
返済については親の法人カードと一緒にできるため、1回の引き落としになります。

しかし、追加カードが発行できる法人カードは限定されています。
また、追加する法人カードの年会費なども考慮する必要があります。

なお、従業員にも法人カードの保険を適用させたい場合は、「JCB一般法人カード」がおすすめです。
「JCB一般法人カード」は、年会費1,250円、発行上限なし、国内外最高3,000万円の旅行傷害保険などの特徴があります。

法人カードなら「JCBプラチナ法人カード」がおすすめ

法人カードとしては、「JCBプラチナ法人カード」がおすすめです。
「JCBプラチナ法人カード」は、次のようなメリットがあります。

・国内外最高1億円の旅行傷害保険
「JCBプラチナ法人カード」は、国内外ともに旅行傷害保険が最高1億円付いています。
出張しているときにトラブルが万一あっても、しっかりと旅行傷害保険が補償してくれるため安心です。
海外旅行に行くときでも、旅行代理店や空港の自動販売機で保険を買う必要はありません。
また、飛行機が遅延したときでも、手厚いサポートがあります。

・国内外最高500万円のショッピング保険
「JCBプラチナ法人カード」は、ショッピング保険が付いています。
ビジネスのために利用するときは、ショッピング保険が付いていると非常に心強い味方になります。

・コンシェルジュサービス
「JCBプラチナ法人カード」は、コンシェルジュサービスが利用できることが最大のメリットであると、経営者の多くが言っています。
コンタクトがいつでも取れるため、24時間365日利用できます。
当然ですが、何回利用しても無料です。

用途に合わせて選ぶこともできる

今回、保険が優れたおすすめの法人カードを1枚紹介しました。

しかし、おすすめした1枚以外にも、ほとんどの法人カードに保険は付帯しています。
そのため、選択肢は様々で、あなたの用途に合う性能を持った法人カードを選ぶことをおすすめします。

当サイトでは、様々な用途別におすすめの法人カードを紹介しているので、ぜひそちらもご覧ください。

TOPページから探す

タイトルとURLをコピーしました