ETCカードを発行できるおススメの法人カード

ETCカードでコスト管理を効率化

法人カード

営業・配送・送迎などビジネスを営む上で、車を使用する場面は多く、従業員やご自身が高速道路をよく利用するという方も、多いのではないでしょうか。

ビジネスの規模が大きくなるにつれ、交通費のコスト管理が複雑になり、領収書の整理やコスト管理の煩雑さに頭を抱えている担当者の方もいらっしゃるかと思います。

そういった悩みを解決できるのが、ETCカードを発行できる法人カードで、従業員の立て替えが不要になる、コスト管理が容易になる、個人の支払いと法人の支払いを切り離せるなど、会計上のメリットの他、お得な通行料金の割引も受けられるなど、法人カードとETCカードによるコスト管理を導入することで、業務の効率化やコスト削減が可能になります。

ETCカードを発行できる法人カードを検討しているものの、何を基準に選べば良いのか迷っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ETCカードを発行できる法人カードをお探しの、法人代表者・個人事業主・担当者の方に向けて、法人カードを選ぶ上で外せないポイントと、数ある法人カードの中からおすすめの1枚をご紹介します。

法人カードによってランニングコストが異なる

法人カードを選ぶ上で外せないポイントの1つは、年会費などのランニングコストで、ETCカードの発行を前提に、法人カードを検討している場合は、ETCカードの年会費だけでなく発行手数料も考慮する必要があります。

法人カードを発行する際に掛かる費用には、親カードの年会費・発行手数料などがありますが、 ETCカードを発行するとこれらとは別に、発行手数料や年会費がかかる場合があります。

特に年会費はETCカードを利用し続ける限り、毎年掛かる費用ですので、法人カードを検討するにあたっては必ずチェックすべきポイントです。

法人カードの年会費は数千円から数万円のものまで、グレードによって大きな差があり、年会費が高いカードは付帯するサービスも充実していますが、不要なサービスが多ければ割高になってしまいますので、ご自身やご自身の会社のニーズと合致しているか検討する必要があります。

法人カードの種類によっては、発行したETCカードの枚数に応じて、年会費が掛かるものもあり、1枚当たり500円程に設定しているケースが多く、枚数が多くなるにつれコストがかさんでしまいますので、必要な枚数が多い場合は年会費が安価な法人カードがおすすめです。

発行枚数が一定の数を超えるなどの条件を満たすと、ETCカードが無料になる法人カードもありますので、ご自身や会社が条件を満たすのであれば、ETCカードの年会費・発行手数料が無料の法人カードがおすすめです。

ETCカードの発行枚数には上限がある

ETCカードを発行できる法人カードを選ぶ上で、注目すべきポイント2つ目は、ETCカードの発行上限枚数です。

基本的に、どの法人カードにもETCカードの発行上限枚数が定められていますので、法人カードを選ぶ際は、ETCカード何枚まで発行できるのか確認し、ご自身のビジネスや会社に必要な枚数を発行できる法人カードを選ぶ必要があります。

法人カードの中には、ETCカードの発行上限枚数が、定められていない法人カードもありますので、従業員数が多くたくさんのETCカードが必要な場合は、発行枚数に上限が定められていない法人カードをおすすめします。

追加カード1枚につき、ETCカード1枚を発行できるタイプの法人カードの場合、追加カード分の年会費が掛かりますので、ETCカードが大量に必要な場合は、こういった法人カードは避けるべきと言えます。

ETCカードの発行上限枚数がなく、発行手数料や年会費が無料の法人カードであれば、発行枚数が多くなればなる程、そのコスト削減効果は大きくなります。

ETCカードを発行できるおススメの法人カード「JCB一般法人カード」

ETCカードを発行できる法人カードを選ぶ際に、注目すべきポイントについてご紹介してきましたが、たくさんのETCカードが必要な方には、「JCB一般法人カード」をおすすめします。

「JCB一般法人カード」1枚に対し、複数の「ETCスルーカードN」というETCカードを発行でき、発行枚数の上限もないため、1枚の法人カードで高速道路の通行料金を管理でき、コスト管理が容易になります。

ETCカードの年会費も無料ですので、必要とするETCカードの枚数が多い程、ランニングコストがお得になります。

ポイント還元率は最大0.75%で、JCBが運営する「OkiDokiランド」というサイト経由で買い物した場合、2倍~最大20倍のポイントがもらえます。「OkiDokiランド」には、Amazonや楽天、YahooJapanショッピングなどの、大手通販サイトも登録されていますので、消耗品や備品などを購入する際に活用することで、より多くのポイントが貯まります。

オンラインからの入会で初年度の年会費が無料になる他、2年目以降も税別1,250円と低価格なのも「JCB一般法人カード」の特徴です。
法人カードの使用者を追加する場合も、親カードの年会費が無料の場合、ETCカードも年会費無料で利用でき、2年目以降も1枚につき税別1,250円と低価格で利用できるため、ランニングコストを抑えられます。

旅行傷害保険は、国内外を問わず最高3,000万円となっており、国外のショッピングガード保険も付帯します。

「JCB一般法人カード」を導入すると、ETCカードのランニングコストを安く抑えられるだけでなく、コスト管理が容易になり関連業務に掛かる時間も削減できるのでおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました