法人カードで資金調達!キャッシングできるおすすめの1枚をご紹介

キャッシングに対応した法人カードからおすすめの1枚を紹介

キャッシング対応のおすすめ法人カード

現実のビジネスシーンでは、得てして早急に資金が必要になる場面が多いものです。
そんなときに正規の融資を申し込んでいたのでは間に合いません。

そこでおすすめしたいのが、法人カードのキャッシングです。
法人カードの限度額内であれば、審査なしでただちに必要なだけの資金を借りることができます。

法人カードのキャッシングを上手に活用することでビジネスチャンスを逃さず有利に展開することができます。
また、法人カードのお陰で、支払いが遅れて信用を落とすことを防止できるのでおすすめです。

ただ、キャッシングを利用しすぎると、法人カードの金利手数料が高いと経営を圧迫してしまいますし、限度額によっては法人カードでの決済ができなくなり、本来のビジネスの運営に支障をきたすことにもなりかねません。

ここでは、キャッシングの利用を前提にしつつ、ビジネスで便利に活用できるおすすめの法人カード1枚をご紹介します。

キャッシング機能付き法人カードで最も重視すべきこと

法人カードを選ぶときには、重視すべきポイントがいろいろあります。
利用限度額、ポイント還元率やその他の特典、年会費の金額……。

ニーズによって重視すべきポイントは異なりますが、キャッシングの利用を視野に入れているなら、キャッシングの金利手数料が最も重要です。

法人カードのキャッシングの金利手数料の相場としては、15%を中心に10%~18%くらいとなっています。一律に固定されているわけではなく、この間で変動制になっている法人カードが多いです。

キャッシングの利用額が少ないと金利手数料が高く、利用額が多くなるにつれて金利手数料が低くなる仕組みになっています。
例えば、利用額が50万円までは18%、50万円を超えて100万円までは15%、100万円を超えると12%というような感じです。

使えば使うほど金利手数料が低くなるとはいっても、ビジネスローンの金利に比べれば高金利なので、使いすぎには注意が必要です。
法人カードのキャッシングは急場しのぎに限って利用するのがおすすめです。

キャッシングの限度額とカードの利用限度額には要注意

キャッシングには通常、限度額が設定されます。
キャッシングの限度額とは、その金額の範囲内でいつでも銀行やコンビニのATMで繰り返しお金を引き出せる枠のことです。

法人カードにはキャッシングの限度額とは別に「利用限度額」も設定されます。
利用限度額とは、ショッピングとキャッシングを合わせて利用できる上限額のことです。

法人カードの利用限度額が仮に100万円あったとしても、キャッシングで50万円を利用しているとショッピングは残りの50万円分しか利用できないのです。
法人カードの利用限度額の中に「枠」としてキャッシングの限度額があるという関係になっています。

キャッシング機能付きの法人カードを選ぶときには、キャッシングの限度額と利用限度額の関係に注目しなければなりません。

利用限度額200万円に対して、キャッシング限度額50万円くらいであればあまり問題はないかもしれませんが、利用限度額50万円でキャッシング限度額も50万円だと、キャッシングで50万円を利用してしまうとその法人カードは他の決済ができなくなってしまいます。

メインの法人カードとしては、キャッシングの利用がショッピングの利用を圧迫しないように、利用限度額を高めに設定しておくか、キャッシングの限度額を低めに設定しておくことをおすすめします。

キャッシング機能付き法人カードでおすすめの1枚

実は、法人カードでキャッシング機能が付いているものはあまりありません。
発行会社にとっては法人カードでのキャッシングは個人カードの場合よりも貸し倒れのリスクが高いからです。

数少ないキャッシング機能付き法人カードの中からおすすめの1枚を挙げるなら「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」が挙げられます。

この法人カードはキャッシングの利用が最大300万円なので、大きな資金調達のニーズにも応えることができます。
しかも、利用限度額には一律の制限がないので、高く設定しておけばキャッシング以外の決済を圧迫する心配もなくおすすめです。

ただし、キャッシングの限度額も法人カードの利用限度額も、審査によって個別に決められるため、必ずしも希望の限度額や利用限度額を設定できるわけではありません。
最初は低い設定でも、法人カードを適切に活用すれば増額していくことも可能です。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはマイル還元率が1,125%と法人カードの中では最高クラスなので、マイルを有効に活用すれば経費削減効果も大きくなります。

年会費は20,000円かかってしまいますが、これはプラチナランクの法人カードの中では最も低い水準です。
利用額によっては年会費が半額になる特典もあるので、メインの法人カードとして活用すれば、損をしないと言えるでしょう。

キャッシングの使いすぎにはくれぐれも注意して、ビジネスに有効活用していきましょう。

複数枚の所持も1つの手段

以上、キャッシングができるおすすめ法人カードの紹介でした。
今現在キャッシングが必要でない方も、念のために紹介した法人カードを所持しておこうと思えたのではないでしょうか?

とはいえ、キャッシングを利用すれば、利用期間は金利手数料が掛かってしまいます。
できるなら、この無駄な金利手数料を抑えたいものです。

そこでおすすめするのは、法人カードの複数枚所持。
そうすることで、法人カードの決済が行える支払いであれば、多額であっても対応することができます。

さらに、金利手数料とは反対に、還元サービスが受けられて経費削減に繋げることも可能です。
これは非常に大きなメリットとなるので、ぜひとも法人カードの複数枚所持をおすすめします。

TOPページから探す

タイトルとURLをコピーしました