法人カードを選ぶ際はキャッシュバック制が付帯したものがおすすめ

キャッシュバック制の法人カードを選ぶきときは何を見る

キャッシュバックのおすすめ法人カード

法人カードを選ぶ際に「何を決め手にすれば良いのか分からない」と悩む人もいるかもしれません。
法人カードにもいろいろな種類があるので特徴に違いがあり、判断に迷うことがあります。

いろいろな特徴を見て決めることができますが、その1つにキャッシュバック制があるのか確認して法人カードを選ぶことができます。

キャッシュバック制の法人カードを選ぶのがおすすめな理由について紹介していきます。
最後には、キャッシュバック制のおすすめする一枚も紹介します。

キャッシュバック制は少なくて価値がある

キャッシュバック制がある法人カードは少なく、「JCBビジネスプラス」、「首都高ビジネスカード」、「シェルビジネスカード」の3種類となっています。

「JCBビジネスプラス」は、会社経営者や個人専業主でも申し込むことができる法人カードであり、利用金額に応じて最大3%のキャッシュバックを受けることができます。
仮に、法人カードを10万円使用すれば3000円のキャッシュバックが適用されます。

ただ、キャッシュバックの対象となるのは、旅費交通費で支払った金額のみとなっているので、通常の仕入れた通販での備品購入は対象外となり、毎月のキャッシュバックは15000円が上限となっています。
キャッシュバック対象が狭いのは、少々おすすめしにくいところです。

「首都高ビジネスカード」はJCBから提供されている法人カードです。
この法人カードもキャッシュバックの内容としては変わらず、旅費交通費として支払った利用金額に応じて最大3%がキャッシュバックされます。

毎月の上限額は同じく15000円ほどとなっており、主に付帯サービスや特典面で各法人カードに違いが生じています。

「ジェルビジネスカード」もJCBが提供している法人カードです。
キャッシュバックの内容は同じとなっており、旅費交通費が対象となって毎月の上限金額は15000円に設定されています。

ただ、異なる点もあり、それは昭和石油のサービスステーションで支払った金額については対象金額が2倍で計算されます。
昭和石油で5万円分のガソリンを法人カードで給油すれば、2倍の10万円が対象になります。

昭和石油で給油するのが多いなら、この法人カードがお得だと言えます。

導入することのメリットとは

キャッシュバック制の法人カードにはいくつかのメリットがあっておすすめです。

1つ目のおすすめできる点は、ポイントを交換する必要がないことです。
法人カードを使用した金額だけポイントに交換することで、その発行会社が提供しているサービスをポイントを使って利用できますが、ポイントをあまり貯めることに関心が無かったり、「ポイントで交換したい」と思う商品が無ければポイントを貯めても意味がありません。

また、キャッシュバック制の法人カードであれば、ポイントに還元せずお金として戻ってくるので、使う用途も方法もたくさんあります。

2つ目のおすすめできる点は、ポイント還元率よりもキャッシュバック制の方が還元率が高いことです。
キャッシュバックであれば限度額があるとは言え、使用した金額の幾らかはお金として戻ってきて最大15000円分が返ってきます。

最大15000円分のポイントを貯めようと思うと、仮に1000円で1ポイント貯まるところなら月に法人カードを1500万円分使用しなくてはなりません。
100円で1ポイントであっても15000円分なら150万円利用しなくてはならないので、かなりの金額が必要になります。

しかし、キャッシュバックであれば50万円分利用すれば上限の15000円までキャッシュバックされます。
旅行交通費のみに限定されているとは言え、出張などによく行くなら旅行交通費も多くなり、社員に持たせておけば直ぐに50万円まで支払うこともあるはずです。

これらの点を考えるとキャッシュバックはかなりお得で、おすすめだと言えます。

おすすめの1枚は「JCBビジネスプラス一般法人カード」

法人カードでキャッシュバック制があるのは3つしかありませんが、その中でおすすめできるのは「JCBビジネスプラス一般法人カード」になります。

この法人カードはキャッシュバックが最大3%となっており、最大15000円まで受け取ることができます。
これ以外にJCBでの法人向けサービスを受けられておすすめです。

例えば、法人ETCカードが年会費で無料となっており、発行無制限となっているので100名200名でも利用することができます。

また、この法人カードには「ショッピングガード保険」が付帯されており、盗難などの損害を保証してくれて海外で年間100万円となっています。
国内旅行の保険も付いているので、何か問題が起きた際も保険でカバーすることができておすすめです。

他にもビジネスをサポートする、「国内宿泊施設予約サービス」、「航空券チケットレス発券サービス」、「複利代行サービス」などのいろいろなサービスを受けることができます。

年会費は年間1250円とかなり安くなっています。
これらの点から「JCBビジネスプラス一般法人カード」はおすすめです。

全ての支払いが還元対象の方がお得…?

今回、キャッシュバック制のおすすめ法人カードを紹介しました。
キャッシュバック制の法人カードは、非常に高い還元が受けられるとわかりました。

しかし、その還元が受けられるのが、法人カードにおける全ての支払いでないというところは大きなデメリット。
実際に使用してみると、あなたが想定していたよりも使い勝手が悪く感じてしまうかもしれません。

そこで、当サイトとしては法人カードの支払い全てが還元対象で、且つ還元率の高い法人カードをおすすめします。
当サイトではそういった法人カードの情報も掲載しているので、1度確認してみてはいかがでしょうか?

TOPページから探す

タイトルとURLをコピーしました