1年未満でも法人カードは作れる!おすすめの一枚も紹介

起業1年未満でも法人カードを作れる!おすすめはどれ?

開業1年未満におすすめの法人カード

開業1年未満の方が法人カードを作るポイントは、最初の1回目で審査に通りやすいものを選ぶのがポイントです。

また、法人カードであっても事業主本人の信用履歴も大切になります。
もし、1回目の信用調査が通らなくて信用履歴に延滞情報などがある場合は、記録が消えるまで数年待つ必要もあるでしょう。

開業1年未満など関係なく、法人カードを作る前は信用履歴を確認して問題ないかチェックすることが大事です。
他にも、繰り返し法人カードの審査に落ちると金融機関の印象も悪くなり、開業1年未満だとさらに難しくなります。

法人カードの審査に落ちた場合は、少なくとも半年以上は間隔を空ける必要があるので、すぐに別の法人カードを申し込むのは控えましょう。

本記事では、1年未満の企業で法人カードの審査に通るのが不安な法人、個人事業主向けに審査が通りやすい法人カードを紹介します。
本記事を読めば、法人カードの選ぶ際のポイントも知ることができるので、1年未満の法人の人は、必見です。

法人カードを所持可能か?口コミの実態は?

1年未満の起業でも法人カードを所持することが可能です。
法人カードの審査基準は3年以上経営していること、黒字経験が2期以上続いているときなどとなっています。

しかし、それらの審査基準は絶対ではありません。
口コミなどを調査すると基準に達していない人たちでも発行されている実態があります。
つまり、1年未満であっても法人カードを所持できる可能性は高いです。

なぜ、そもそも基準が3年以上となっているかの理由を説明します。
個人などの企業は、3年以内にほとんどが倒産するデータがあるからです。
つまり、信頼される企業になるには、経営してから3年以上が目安となります。

また、開業1年未満の方のために、審査が容易になるコツを紹介します。
それは、固定電話を持つ、ホームページを作るなどです。

まず、最初の電話についてですが、携帯電話だけだと会社の印象がよくありません。
固定電話を持つことで、1年未満の会社でも印象をよくすることが可能です。

次にホームページを作る点を説明します。
ホームページを作ることで、1年未満の会社であっても情報を詳しく知らせることができるからです。
会社の事業が怪しいと判断されると審査が厳しくなるので、会社について情報を発信することが大事です。

1年未満の企業でも上記のコツを行えば、審査が通りやすくなる可能性があるのでおすすめです。
つまり、口コミの実態を見て分かる通り1年未満であっても十分に法人カードの所持が可能でしょう。

開業したての方におすすめの法人カードとは?

起業1年未満の方におすすめなのは、審査が通りやすい法人カードです。
1年未満の会社でも法人カードを作ることは可能ですが、事業の実績が全くない場合作ることが難しいのが現実です。

そこで、1年未満の会社は、機能よりも審査の通りやすさで法人カードを選ぶことをおすすめします。
法人カードを作り長く使えば実績を作ることが可能です。
なので、1年未満の方は、実績を作ってから本当にほしい法人カードを申し込むのがおすすめです。

また、法人カードを選ぶ際は、ポイントの還元率が良い法人カードを選ぶのをおすすめします。
法人カードの場合、私的に使っているクレジットカードよりも大きい金額を扱うことが多いです。
その分ポイントも貯まりやすいので、ぜひ還元率が良い法人カードを選びましょう。

他にも法人カードには、2種類あります。
法人として申請することができる法人カード、個人事業主として申請できる法人カードの2つがあります。

事業の実績があり信用履歴も高い場合は、法人カードを作れる見込みが大きいです。

審査に通りやすさでおすすめなのはオリコEXGold forBiz

審査に通りやすさでおすすめの法人カードは、オリコEXGold forBizです。

こちらの法人カードは、個人として申請することが可能な法人カードとなっています。
個人として申請するので会社の信用力や収益状況などの調査がないのが特徴です。
つまり、代表者本人の信用力が主な審査の対象となる法人カードです。

また、審査に通ったという実績が多数で審査通過率が6割前後と高い数字が出ています。
法人カードを紹介するサイトでも同様の内容が多く通過率が高い法人カードとして知られています。

他にも最大ポイント還元率1.1%と高く、年会費が初年度無料な点や2年目以降も2,000円と低いのが特徴です。
開業1年未満で法人カードを作りたい人は、最初にオリコEXGold forBizを申請することをおすすめします。

業績が安定していれば視野を広げても良い!

ここまで、法人カードを吟味することで、開業1年未満でも法人カードを発行できる可能性があるとわかりました。

とはいえ、経営状況が比較的良好であれば、審査の通りやすさではなく、性能面で法人カードを選ぶのも1つの手段だと思います。
実際、高ステータスな法人カードであっても、設立1年未満で発行したという方もいるほどです。

今後のために、他の法人カードを知っておくことも大事にはなってくるので、この機会に何枚か見てみてはいかがでしょうか?

TOPページから探す

タイトルとURLをコピーしました